123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-06-17 (Mon)
読みました!
村上春樹の新刊「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。

10年以上前に読んだ「ノルウェイの森」以来の村上春樹。

私、どーーも重すぎて村上春樹はちょっと苦手だったの。
読んでてだんだんしんどくなってくるから。




最初は、相変わらず受験に出てきそうな村上春樹の言葉のチョイスや
表現の仕方に苦戦するも、
どんどんはまっていって1日で読みきりました。



結論。
いろいろ感じるものがありました。



それは私が年齢を重ねたゆえでしょうか。

村上春樹・・・。
奥が深いぜ!


ぽちっとおねがい→


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 日々のこと | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。